腎不全の治療法です|腎臓病は医療機関で正しい治療を|怪しい症状即相談

腎臓病は医療機関で正しい治療を|怪しい症状即相談

医療器具

腎不全の治療法です

カウンセリング

二つの治療方法があります

腎機能が低下する腎機能不全は、この状態が長く続いた場合は慢性腎不全となり、透析による治療が必要となってきます。その場合には、ダイアライザーという器機で血液を浄化する血液透析と、透析液をおなかに入れることで浄化を図る腹膜透析の二つの種類があります。日本では患者の9割以上が前者での治療を受けていますが、海外では後者を利用する人も多く、それぞれの特徴をよく把握した上でどちらを選ぶかを決めるべきです。血液を使用する方法では週3回程度病院へ通う必要がありますが、実際に行うときは医療スタッフに任せることができるので安心です。一方の腹膜を使う場合では自宅や職場で行えるので、病院へ行くのは月に1、2回ですみ、また食事制限も比較的ゆるやかで普通の生活が送りやすくなります。新宿では、大学病院から透析専門のクリニックまで、これらの治療法が可能な医療機関がたくさんあるので、それぞれのライフスタイルに合わせて方法と病院を選べるはずです。また、新宿の場合は交通の便が良く通いやすいので、学校や仕事の帰りに寄ることを前提として病院を探すのも良いでしょう。

考えておきましょう

透析は慢性腎不全の患者にとって生活を成り立たせる貴重な治療法ですが、これを受けるときに考えておくべき点がいくつかあります。その1つは、この治療法によって人工的に腎機能は促されますが、慢性腎不全になった場合は自然な形での腎機能はもどらないということです。それだけに腎不全にならないような生活を心掛けることが大切なのですが、一旦この病気になっても充実した生活を諦める必要はありません。二つの透析法は患者の生活の質を維持できるように研究や実践を重ねた上で行われているものなので、自分の生活や生き方を支えてくれる治療法や医療機関はあるはずです。特に新宿の場合は、行う機関が少ないと言われる腹膜透析に関しても、複数の病院で受けることが可能ですし、送迎などのサービスを実施するところもあります。また、新宿の病院では透析の専門医の先生たちの診察を受けることもできるので、治療に関して詳しく知りたい場合はそんな医師のいるところを選ぶのも良いでしょう。ただ、腹膜透析の場合には腹膜の劣化があるため、通常は5年から8年ほどしか続けることができないので、その点もよく考慮することをお勧めします。